« (66) デモリションマン | トップページ | (68) 容疑者Xの献身 »

2010年2月 6日 (土)

(67) 茄子 スーツケースの渡り鳥

【監督】高坂希太郎
【出演】大泉洋(声)、山寺宏一(声)
【制作】2007年、日本

茄子 アンダルシアの夏」の続編。

自転車ロードレースチームの一員、チョッチ(山寺宏一)が、レースに苦しむことの意味に悩みながらも、チームメイトのペペ(大泉洋)らとともに、日本が舞台のレース、ジャパンカップに挑み、優勝するまでを描いている。

前作に比べると、レースの疾走感、勝負の興奮などはよく表現されている。ザンコーニという怪物レーサーの突然の引退などの挿話も織り交ぜつつ、話が展開し、多少、何が言いたいのか意味深長なところはあるが、飽きずに観ることができた。舞台が日本というのも、一役買っているかもしれない。

ただまあ、やっぱり、何だったんだろうこの映画、という感はぬぐえないでいる。

【5段階評価】2

|

« (66) デモリションマン | トップページ | (68) 容疑者Xの献身 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (67) 茄子 スーツケースの渡り鳥:

« (66) デモリションマン | トップページ | (68) 容疑者Xの献身 »