« (37) M:I-2 | トップページ | (39) バリー・リンドン »

2009年12月29日 (火)

(38) ダイヤモンド・イン・パラダイス

【監督】ブレット・ラトナー
【出演】ピアース・ブロスナン、サルマ・ハエック
【制作】2004年、アメリカ

シリアスなサスペンスではなく、コメディタッチのアクション映画。

泥棒とFBIのユーモアあふれるやりとり、若干現実離れした人間関係。バハマのリゾートホテルや、客船の豪華な雰囲気も観ていて楽しい。
ラストシーンでは、見事にダイヤモンドを盗み取ったマックス(ピアース・ブロスナン)が、実は敵役のFBI捜査官スタン(ウッディ・ハレルソン)に行動を見破られており、まんまと盗んだダイヤを盗み返され、しかもスタンはマックスを逮捕するのではなく、自分自身がそれで大儲けしようとする、というどんでん返しがある。
そこではちょっと「おぉ、そう来たか」と思ったが、それ以外は、それほどハラハラドキドキするような展開は特になく、主人公は最後までかっこよくてすごいね、という話。

【5段階評価】3

|

« (37) M:I-2 | トップページ | (39) バリー・リンドン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (38) ダイヤモンド・イン・パラダイス:

« (37) M:I-2 | トップページ | (39) バリー・リンドン »