« (13) 男たちの大和/YAMATO | トップページ | シャントット帝国の陰謀 / 呪われる世界 »

2009年11月14日 (土)

(14) インビジブル

【監督】ポール・バーホーベン
【出演】ケビン・ベーコン、エリザベス・シュー
【制作】2000年、アメリカ

前から気になっていて、DVDを買おうかなと思ったこともあった作品。

特撮はよくできていて、面白い。ケビン・ベーコン演じるセバスチャンは、天才博士なのに、透明人間になってやることと言えば、女性の服を脱がせておっぱいに触ったり、という、何とも矮小な、「Oh! 透明人間」的な、でもまあ、観客の期待を裏切らないということでもある。
最後は透明な殺人鬼となり果ててしまう。透明な殺人鬼って、「プレデター」もそうだったな。

クライマックスシーンのセバスチャンは、理科室の人体模型のような血管と筋肉みたいな状態になっているのだが、それでも局部にぼかしが入っているのは、いったい何が映っていたんだろう。
気になる。

【5段階評価】4

|

« (13) 男たちの大和/YAMATO | トップページ | シャントット帝国の陰謀 / 呪われる世界 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (14) インビジブル:

« (13) 男たちの大和/YAMATO | トップページ | シャントット帝国の陰謀 / 呪われる世界 »