評価2の映画

2020年10月10日 (土)

(2201) ジョニーは戦場へ行った

【監督】ダルトン・トランボ
【出演】ティモシー・ボトムズ、キャシー・フィールズ、ドナルド・サザーランド、ジェイソン・ロバーズ、ダイアン・バーシ
【制作】1971年、アメリカ

戦争で瀕死の重傷を負った青年の意識を描いた作品。

軍隊入りした青年ジョー(ティモシー・ボトムズ)は、恋人のカリーン(キャシー・フィールズ)を置いて戦地に向かうが、瀕死の重傷を負い、両手両足を切断され、顔の大部分も失う。軍医のティラリー大佐(エドワード・フランツ)はジョーには意識がないと診断し、ジョーは意識のない肉塊として生かされる。しかし彼には意識があり、部屋の振動と頭や体の触覚だけで自分の周囲を感じ、首を動かして意志を伝えようとしていた。彼は、戦地で出会ったキリストのような男(ドナルド・サザーランド)や、自分が子どもの頃の父親、恋人のカリーンに思いをはせるうち、モールス信号でコミュニケーションを取る手段を思いつく。
やがて、ジョーに献身的に接していた一人の看護師(ダイアン・バーシ)が、ジョーの首の動きが、けいれんではなく意識的な動きだと気づく。ジョーは軍の司令官に望みは何かと聞かれ、殺してくれ、と答える。司令官は鎮静剤を打つよう看護師に伝えて立ち去るが、看護師はジョーの願いを聞き入れ、呼吸を止めようとする。しかし戻ってきた司令官は看護師を追い出し、鎮静剤を打つ。ジョーは自殺することもできず、ベッドの上で「SOS、助けてくれ」と念じ続けるのだった。

文学的で深淵な作品。ベッドに横たわり看護されるシーンはモノクロで、ジョーの意識下の情景はカラーで描かれている。カラーのシーンは、ジョーの過去の記憶の場合もあれば、すでに重傷を負った現在のジョーの想像の場合もあり、その境界はあいまいである。ジョーが自分には腕がないとキリスト風の男に訴えるシーンは現在の彼の意識だろうし、手紙をよこさなかったとカリーンや彼女の父親がジョーを責めるシーンもまた彼の想像だろう。出征前夜のカリーンとの一夜は過去の記憶と思われるが、もしかするとそれもジョーの妄想かもしれない。また、見ようによってはベッドの人物はジョーではない何者かで、その者がジョーという未来の人物を空想しているとも考えられる。終盤で彼の名前を聞けと司令官が部下に命じていることも、この人物が実はジョーではないのではないかと思わせる。そして実際にはベッドの上のモノクロの男もまた、作者による想像の人物である。こうなると、どこまでが空想でどこまでが現実なのか、どれが記憶でどれが想像なのか、見れば見るほど、考えれば考えるほど、いかようにでも解釈できることが分かってくる。
原作は反戦メッセージ性の強い作品であるが、映画は人の記憶と想像の世界を映像で表現することに挑んだ、「メメント」のような実験的、前衛的な作品で、この意欲作が1971年に作られたというのは意外だった。
まあ、ここまで解説しといて評価2かよ、という感じだが。だって退屈だったんだもん。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

(2199) きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー

【監督】デビッド・ストーテン
【出演】ジョン・ハスラー(声)、イボンヌ・グランディ(声)、ピーター・アンドレ(声)、キース・ウィッカム(声)
【制作】2018年、イギリス

きかんしゃトーマスの劇場版第14作。トーマスが新たな仲間とともに世界一周を目指す。

レースカーのエース(ピーター・アンドレ)の自由さにあこがれたトーマス(ジョン・ハスラー)は世界一周を夢見てアフリカに渡る。そこでケニアの機関車ニア(イボンヌ・グランディ)と出会ったトーマスは、二人でリオデジャネイロに渡り、サンフランシスコを目指す。途中でニアをからかおうとして別ルートに向かったトーマスは、ニアを追って中国に渡る。トーマスはニアとともにソドー島に戻り、仲間に歓迎されるのだった。

トップハム・ハット卿(キース・ウィッカム)は機関車の上司で、整備士は機関車に命令するが、運転士は割と無個性で機関車の性格に合わせて行動するという微妙な関係性が面白い。線路の幅は世界共通なのかな、とか余計なことを考えてはいけない。
日本語吹き替え版では、エースの役をISSAが演じている。挿入歌も歌っているので、ISSAファンには外せない「ISSAく」だろう。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

(2182) KUBO/クボ 二本の弦の秘密

【監督】トラビス・ナイト
【出演】アート・パーキンソン(声)、シャーリーズ・セロン(声)、マシュー・マコノヒー(声)、レイフ・ファインズ(声)
【制作】2016年、アメリカ

自分を狙う祖父と戦う少年の冒険を描いたストップモーション・アニメ作品。

三味線を奏でて折り紙を自在に操る能力を持つ少年、クボ(アート・パーキンソン)はかつて祖父(レイフ・ファインズ)に左目を奪われ、もう片方の目も母親(シャーリーズ・セロン)の妹二人に狙われる。母親は自らを犠牲にしてクボを助ける。気がつくとクボの目の前にはニホンザル(シャーリーズ・セロン)がいた。クボはサルとともに、刀、鎧、兜を探す旅に出る。途中でクワガタの侍(マシュー・マコノヒー)を味方に付け、旅を続ける。二人の妹の攻撃を退けながら旅を続けるうち、サルに宿る魂は母親であること、クワガタの侍はクボの父親ハンゾウであることが判明。三つの武具を手に入れたクボは、祖父、月の帝と戦う。クボが、母の髪、父の弓の弦を張った三味線を奏でると、月の帝は記憶を失った老人となる。村人たちは口々に老人に向かってあなたはいい人だと話して聞かせ、老人は素直にそれを受け入れる。水辺に立つクボの横には、母と父の姿があるのだった。

CG全盛の時代にストップモーション・アニメ作品を作る。その意気込みやよし、というところだが、映像的にはできがよすぎるのか、CGと見分けが付かず、ストップモーション・アニメならではの素朴さが感じられなかった。
ストーリーも今ひとつ人間関係や、なぜクボが狙われているのかの説明が足りないので、祖父が険の取れた老人になっても、感動より「まあふつうそうだろう」という程度で、キャストの豪華さの割に内容は今ひとつ頭に入ってこなかった。日本が舞台だっただけに残念。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

(2176) 007 黄金銃を持つ男

【監督】ガイ・ハミルトン
【出演】ロジャー・ムーア、ブリット・エクランド、クリストファー・リー、モード・アダムス、エルベ・ビルシェーズ
【制作】1974年、イギリス、アメリカ

スパイ映画、007シリーズ第9作。「007 死ぬのは奴らだ」の続編。

黄金銃を持つ銃の名手、スクラマンガ(クリストファー・リー)が007(ロジャー・ムーア)への殺害予告をする。007は彼を追って香港に飛び、愛人のアンドレア・アンダース(モード・アダムス)に接近。しかし、スクラマンガの狙いは007ではなく、太陽エネルギーのエキスパート、ギブソンだった。007はさらなる手がかりを求めて、スクラマンガとつながる富豪ハイ・ファット(リチャード・ルー)に接近するが、正体はばれており、逃走。スクラマンガはハイ・ファットを殺害し、開発した太陽光発電装置の権利を手中にする。
スクラマンガを恐れたアンドレアは、彼に内緒でスクラマンガを倒すよう007に依頼。007はアンドレアが盗み出した発電装置の要の部品ソレックスを受け取るため、タイのキックボクシングの会場で彼女と会うが、彼女はスクラマンガに気づかれ、殺されていた。彼の横にスクラマンガが現れ、邪魔をするなと言い残して会場を去る。007は床にソレックスが落ちているのに気づき、それを拾い上げ、仲間のメアリー・グッドナイト(ブリット・エクランド)に託すが、彼女はスクラマンガの車で連れ去られる。007は彼女を追って、スクラマンガの拠点、中国の孤島に向かう。
スクラマンガは太陽光発電装置を自慢げに007に説明。銃の名手である彼は、007との一騎打ちを望み、遊園地のアトラクションのような施設内で言った位置の勝負を行う。ボンドは自分の蝋人形になりすましてスクラマンガを倒すと、グッドナイトと協力してソレックスを入手し、スクラマンガの船で島を脱出。スクラマンガの助手だった小人症のニック・ナック(エルベ・ビルシェーズ)が007に襲いかかるが、007は彼を捉え、自動走行の船の中でグッドナイトと抱き合うのだった。

相撲レスラー2名が007に意味不明の戦いを挑んだり、007が空手の試合に参加させられたり、空手が得意な女子高生二人組が敵をばったばったとやっつけたり、「悪役さん本気で戦ってますか」と言いたくなるようなコミカルなシーンが多く、いかにもロジャー・ムーア時代のコミカルアクションの様相が強い。何のためにあるのか全く意味不明の木製発射台を使って車が1回ひねりで川を飛び越えるシーンも、映像的には面白いけど真面目に悪者を追いかける様子を見守っている人からすると、何だよそれとも言いたくもなる。
ただ、スクラマンガがペンやライターなどの身近な道具を組み立てて黄金銃を作り上げたり、乗っていた飛行機が翼を装備して空を飛んだりするシーンは、少年が心をときめかせるには十分。007の秘密道具より敵側の秘密道具の方がかっこいいという珍しいパターンだった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

(2174) 劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~

【監督】瑠東東一郎
【出演】田中圭、林遣都、吉田鋼太郎、沢村一樹、志尊淳、大塚寧々
【制作】2019年、日本

テレビドラマ「おっさんずラブ」の劇場版。ベイエリア開発を巡って奮闘する社員たちの仕事と恋を描いたコメディ。

香港から天空不動産の営業所に戻った春田創一(田中圭)は、付き合っている牧凌太(林遣都)が本社勤務になったこと知る。凌太は仕事に打ち込むが、それを歓迎しない創一に嫌気が差し、同棲生活をやめて自宅に戻る。凌太が直属の上司である狸穴迅(まみあなじん)(沢村一樹)と親しそうにしているのに嫉妬し、創一は花火大会の日、凌太に別れようと言ってしまう。それを見ていた新人の山田正義(志尊淳)は、創一に素直になれと励ます。
天空不動産が提携を解消した中国の悪徳企業が会長の娘(ゆいP)を誘拐し、企業に乗り込んだ創一も拉致されてしまう。創一の上司、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と凌太は助けに向かい、炎に包まれた廃工場に創一と凌太は取り残される。二人は改めて互いへの愛を言葉にし、廃工場から脱出。その後、凌太はシンガポールへの栄転が決まり、凌太も街の人々とふれあう仕事を追うことにし、二人は口づけを交わした後、互いの道に進んでいくのだった。

コメディとは言え、あまりにもくだらなかった。オープニングは主人公のドタバタだが、せめて初見の人に主人公の正確や特徴を伝えればいいのに、キャラ紹介的な要素は何もなくて、ただクサくてクドい演技を見せられるだけ。開始直後から「うわぁこれ最後まで観んのか」という絶望感に包まれる。カンフーの使い手と対峙するシーンで多少腕に覚えがあるということなのかと思ったら、全くそのからみは後で出てこず、単に映像を派手にしているだけ。極めつけは工場の拉致シーン。本気で叩けば壁はくずれるわ、割れたガラス窓から外に時限爆弾を投げて事なきを得たはずなのに工場内は炎上しているわ、なぜか何度も派手な爆発を繰り返すわ、そもそも時限爆弾を拉致された間が自由に扱ってるわ。そして大して危なそうでもない炎に包まれた工場の中で、登場人物が高いところから落ちそうになったり上から物が崩れ落ちてきたり、とってつけたようなピンチに巻き込まれながら、結局何の被害も受けずにすんなり外に出てくる。こんなんで感情移入できるかっつうの。そして最後のキスシーンも「あ~あ、結局やっちゃったよ」というだけで、全く感動的でもなければ見たくもなかった余計なシーンだった。話題作りにすらなってないんじゃないのという気がする。
と、90%はイライラしながら観ていたのだが、それでも終盤で登場人物が熱く語る辺りでは、何となく感動。男と男でも、真剣に愛を語ればそれなりに感動できるんだな、というのは発見だった。それと「はる」「ぽん」セーターと最後の「足壁ドン」には不覚にも笑ってしまった。それでも評価は1に近い2。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

(2167) モンスターズ/新種襲来

【監督】トム・グリーン
【出演】サム・キーリー、ジョニー・ハリス、ジョー・デンプシー、パーカー・ソーヤーズ、カイル・ソーラー
【制作】2014年、イギリス

地球外生命体が繁殖する中東でモンスターと武装勢力相手に戦う兵士の心理を描いた作品。「モンスターズ/地球外生命体」の続編。

デトロイトでの怠惰な生活から抜け出そうと軍に入ったマイケル・パークス(サム・キーリー)は、地元仲間のフランキー(ジョー・デンプシー)、ショーン・ウィリアムズ(パーカー・ソーヤーズ)、カール・インケラール(カイル・ソーラー)らとともに中東に配属される。彼らの部隊は表向きはモンスターの排除のために活動していたが、実際には空爆で民間人を巻き込む米軍に恨みを持つ武装集団との戦闘も行っていた。パークスは味方兵士の救出作戦を命じられ、ノア・フレイター二等軍曹(ジョニー・ハリス)らとともに現地に向かうが、途中で武装勢力に攻撃され、仲間はフレイター以外死んでしまう。パニック状態のパークスをフレイターが奮起し、二人は目的地に向かう。
しかし、アメリカにいる家族との絆が弱まっていることを感じていたフレイターは、家族を守るために戦っているという信念がゆらいでいく。苦労の末、たどり着いた救出先で米軍兵は全員死んでいた。フレイターは半狂乱となり、地元民に銃を突きつけて、なぜやつらは死んでいる、俺はなぜここにいる、と叫び、地元民を撃ち殺してしまう。パークスはやむなくフレイターを撃つ。街のかなたの砂漠では巨大な地球外生命体が次々と産まれていた。救出に来たヘリの中でパークスもまた激しい叫び声を上げるのだった。

前作もモンスターとの戦いというよりはヒューマンドラマ風だったが、本作もモンスターが場面設定や環境の一部のような扱いになっている。無差別爆撃を行う米軍と、それに対抗する武装勢力。どちらにも正義があり、どちらにも正義がない争いの中、そこにこれまた善でも悪でもないモンスターが加わり、兵士達が戦う意義を見失っていくという様子を描いているのだが、そうした戦争へのアンチテーゼを描くために、モンスターがいるという世界観がうまく使われているとはどうしても思えない。人間同士の戦いがエイリアンとの戦いに変わっていく「プレデター」のような斬新さや娯楽性を感じられるわけでもなく、結局何が言いたかったの、という感じでヒューマンドラマとしてのメッセージ性も弱い。特撮はよくできているし中東の情景もよく描写されているのだが、人に勧めたくなるような作品ではなかった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

(2152) 人間椅子

【監督】佐藤圭作
【出演】宮地真緒、小沢真珠、板尾創路
【制作】2006年、日本

江戸川乱歩の小説をモチーフにした不条理サスペンス。

出版社に勤める倉田真里(宮地真緒)は美人作家の今野佳子(小沢真珠)の担当となる。今野佳子は名作家、大河内俊作の弟子で、しばらく作品を出していない。佳子は人の入った椅子を部屋に置いて中の人の愛撫を受けるという猟奇的な性癖があり、真里もその椅子に座らされ、佳子の家で小説を書くようになる。作家の所有物やごみを集める変態的な趣味を持つ真里は、それをネタに上司の小原茂樹(板尾創路)と寝る羽目になり、担当交代のために佳子の家に連れて行かれる。しかしそれは、真里が担当を首になるということではなく、これまで椅子の中にいた掘田という男の担当者と真里が交代し、真里が真の佳子の相手を務めるということだった。掘田は大河内を嫉妬から殴り殺して佳子や小原とともにその死体を埋めた男だった。小原はかつて真里が小説コンテストに応募した作品「淡雪」を佳子の作品として世に出す。佳子はそれをもとに文学界に復帰を遂げるのだった。

モチーフは江戸川乱歩の小説だが、内容は原作とはほとんど関係ない。人間椅子の形もなんともぶかっこうで、おどろおどろしさもなく、ただ人が入るように作ったらとっても変なものになりましたという形。映像としての魅力も大してなかったが、唯一、大河内が白い布をかぶって椅子のようになりそこに佳子が座るというビデオのシーンは、若干「リング」のようなテイストで、音声がビデオのものと実際のものとが不規則的に入れ替わるという演出が、観る者の恐怖をあおり、多少迫力があった。ただ全体的には深夜テレビドラマレベルの品質。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

(2151) 翔んだカップル オリジナル版

【監督】相米慎二
【出演】鶴見辰吾、薬師丸ひろ子、石原真理子、尾美としのり、円広志
【制作】1983年、日本

柳沢きみおの漫画が原作の青春ドラマ。一つ屋根の下で暮らす高校一年生の男女の恋を描いた作品。1980年に公開された作品のディレクターズ・カット版が「オリジナル版」として1983年に公開されたもの。

九州から上京した高校一年生の田代勇介(鶴見辰吾)はおじの家で一人暮らしを始める。そこに同級生の山葉圭(薬師丸ひろ子)が下宿人として引っ越し、一緒に暮らすことになる。二人は互いを意識しつつもけんかを繰り返す。勇介には優等生の杉村秋美(石原真理子)が接近。圭には勇介の親友、中山わたる(尾美としのり)や勇介の入ったボクシング部のキャプテン織田(西田浩)らが興味を示す。紆余曲折がありながら、勇介は圭に好きだと告白。圭はそのまま深い関係になっていいかを悩む。勇介は圭と暮らしていることをわたるに話し、わたるは学校にそれを密告してしまう。圭は勇介の家を出て行くことになる。それでも圭は勇介の応援を続け、勇介はボクシング部の新人戦に挑むのだった。

高校一年生が二人だけで一つ屋根の下に住むという設定自体が、古き良き時代の作者の妄想全開の感あり。さらに一人暮らしの秋美まで登場してみたり、それでいておかしなことは起きなかったりと、観る側が自らの常識を制作側の都合に寄せないと話に乗っていけないため、感情移入が難しい。間延びしたシーンや今ひとつ演出の意味が分からないシーン(巨大な鯨の風船など)もあり、それでいて122分と結構長いので、今ひとつだった。薬師丸ひろ子の初主演という意味では貴重な作品ではある。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

(2125) サイバー・ミッション

【監督】リー・ハイロン
【出演】ハンギョン、リディアン・ボーン、リー・ユエン、山下智久
【制作】2018年、中国、香港

サイバーテロ犯罪に巻き込まれたオタク青年の活躍を描いたアクションサスペンス。

ハッカーのコンテストで優勝経験のあるリー・ハオミン(ハンギョン)は、サイバー犯罪者の二人組、チャオ・フェイ(リディアン・ボーン)とスー・イー(リー・ユエン)から強制的に協力させられることになる。チャオらは日本人のIT実業家、モリタケシ(山下智久)からの依頼で、OSシステムOASYSのハッキングを成功させ、モリがOASYSの権利を奪い取る。モリは世界有数の銀行の頭取四名を乗せた飛行機を墜落させ、ユーロ暴落をもくろむが、実はチャオは犯罪者ではなくインターポールの捜査官だった。リーはチャオ、スー・イーとともにモリを追い、スー・イーはモリの縦断によって命を落とすが、リーとチャオがモリを追い詰め、彼を倒す。飛行機は墜落を免れるのだった。

よくある設定を使ったアイドル映画のような作品。映像はいまどきで、上海やクアラルンプールなどの都市で繰り広げられる展開や、セキュリティをくぐり抜ける主人公達の工夫は楽しいが、粗さも目立った。金融システムを守る3人一組のセキュリティ対策人員が一緒に行動して、スー・イーの渡したクッキーボックスによって一気に指紋を採られて下剤を飲まされて、なんて辺りは、よく考えるとありえないずさんさ。全くリスク分散できておらず、3人組である意味がない。クールだった知能犯が最後は泥臭い追いかけっこと銃撃戦の末に倒れるというのも、この手の勧善懲悪ものによくある工夫のない終わり方。スー・イーが一発の銃弾で死んでしまうのも、後半を盛り上げるためだけの安易な展開で、大した感動はなかった。
ただまあ、日本人としては、山下智久が英語も中国語も駆使して役を演じていたり、中国人キャラが日本の漫画ワンピース好きという設定は嬉しかった。主人公が住む部屋のポスターが、中国で有名になった元AV女優、蒼井そらだったりしたが使われたりもしていた。
オープニングで、映画の製作会社のオープニングロゴが、ネタかというぐらい続くのも見所かもしれない。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

(2112) 名探偵ピカチュウ

【監督】ロブ・レターマン
【出演】ジャスティン・スミス、ライアン・レイノルズ(声)、キャスリン・ニュートン、ビル・ナイ、渡辺謙
【制作】2019年、アメリカ、日本

死んだ父親が巻き込まれた事件を追う青年とポケモンの活躍を描いた、実写と3DCGを融合した作品。

人間とポケモンがパートナーとなって暮らす世界。保険会社に勤めるティム(ジャスティス・スミス)は、亡くなった父ハリー・グッドマンの部屋を訪ねたところ、父のパートナーだったピカチュウ(ライアン・レイノルズ)と遭遇。ポケモンとは言葉が通じないはずなのに、ティムはピカチュウと会話することができた。ピカチュウは記憶をなくしていたが、父は死んでいないと確信。ティムとともに父の行方を探す。ハリーを追っていたテレビ局記者のルーシー(キャスリン・ニュートン)は、ティムと合流し、ポケモンを凶暴化させるガス「R」の謎を追い、研究施設に侵入。残された映像から、強力なポケモン、ミュウツーを使った実験にハリーが巻き込まれていたことを知る。黒幕は、ポケモンと人間が共存する街、ライム・シティを作り出したハワード・クリフォード(ビル・ナイ)。老いた彼は、ミュウツーが人々の意識をポケモンに融合させる力があることを知り、自分をミュウツーに同化させて世界を操ろうとしていた。ティムはピカチュウと協力してハワードの野望を打ち砕く。ミュウツーは敵ではなく味方で、負傷したハワードの肉体を預かり、その魂をピカチュウに同化させていたのだ。父と再会したティムは、父と一緒に過ごすことにするのだった。

いわゆるバディ・ムービーのポケモン版という作り。ただ、「名探偵」と銘打っている割に、特にピカチュウが自分の能力を生かして謎を解き明かすというところに焦点が当たっているわけではなく、ピカチュウが探偵であるという設定が生きていない。実は父親が乗り移っていたという落ちも、再会シーンの感動もない。ずるそうなロジャー(クリス・ギア)が悪役ではなく、実はハワードが黒幕だった、というのも、特に伏線があるわけでもなく、カタルシスを得るには至らなかった。まあ、子供向けの作品だし、期待する方が酷か。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧