評価2の映画

2020年5月28日 (木)

(2077) シャドー・チェイサー

【監督】マブルク・エル・メシュリ
【出演】ヘンリー・カビル、ベロニカ・エチェーギ、シガニー・ウィーバー、ブルース・ウィリス、ジョゼフ・マウル
【制作】2012年、アメリカ

拉致された家族を救うために奮闘する青年の死闘を描いたサスペンス。

家族と会うためにスペインに渡った青年ウィル・ショー(ヘンリー・カビル)は、父マーティン(ブルース・ウィリス)のヨットで家族と海に出る。ところが、買物のために陸に上がり戻ってくると、父のほか、乗っていた母親(キャロライン・グッドール)、弟(ラフィ・ガブロン)とその恋人(エマ・ハミルトン)が姿を消していた。ウィルは警察に駆け込むが、なぜか拉致されそうになる。そこにマーティンが現れ、彼を救う。マーティンは、自分がCIAの捜査官であることを明かし、ともに家族を助けようとウィルに伝えるが、同僚のジーン・キャラック(シガニー・ウィーバー)と話した後、何者かに狙撃され殺されてしまう。ウィルは父親の携帯と銃を手に逃走。父親の通話記録をもとに電話の相手を訪ね、ルシア(ベロニカ・エチェーギ)という女性と出会う。ウィルはキャラックと再会。ウィルに協力を求めていたキャラックは本性を現し、ウィルとルシアに銃を向ける。キャラックは、マーティンを騙して機密情報を手にし、それを犯罪組織に渡して大金を得ようとしていたのだ。ウィルとルシアは何とか逃げ切るが、ウィルは原二十段を受けていた。ルシアはウィルを仲間のもとに連れ込み、応急措置をする。ルシアはマーティンとその愛人との間に産まれた娘で、ウィルの腹違いの妹であることが判明する。
ウィルは、父の電話にかかってきた指示に従い、太陽の門の広場に向かうが、そこでイスラエルの情報機関モサドのザヒール(ロシュディ・ゼム)に拉致される。キャラックの狙っている機密情報はモサドのもので、彼らはそれを奪い返そうとしていた。ザヒールは、ウィルをおとりにキャラックをおびき出させることにする。ウィルはルシアのもとに戻り、ルシアの仲間と協力して、キャラックの右腕、ゴーマン(ジョゼフ・マウル)を捕らえ、彼を解放して尾行し、キャラックの取引現場を突き止める。キャラックは機密情報の入ったトランクを持って逃走。ウィルはルシアを乗せてキャラックとカーチェイスを繰り広げる。ウィルの車は横転し、身動きのとれなくなったウィルにキャラックが銃口を向けるが、駆けつけたザヒールの放った銃弾がキャラックを貫き、彼女は絶命。ウィルは家族との再会を果たすのだった。

出演者が豪華だったので観ることを決めたが、ブルース・ウィリスは序盤で死亡。以降、登場しないので、やや騙された感。シガニー・ウィーバー演ずるキャラックも、典型的な頭の悪い悪役ボスで、狡猾な役どころのはずなのに、取引現場の駐車場で周囲に聞こえるような声で相手とやりとりし、感づかれたと知るや相手を撃ち殺して逃走。挙げ句の果てにはウィルに逆上したのか、町なかで衆人環視の中、発砲。逃げればいいのにウィルを執拗に攻撃し、最後は狙撃されて死ぬ。「スピード」、「ダイ・ハード3」に匹敵する、知能犯の無能化・腕力主義化という落ち。ちなみにキャラックの右腕、ゴーマン(ジョゼフ・マウル)も、敵の店であっけなくつかまったり、尾行されているとも知らずにキャラックの元に戻ったり、序盤の不敵なキャラから一転して無能ぶりをさらす。
ラストシーンで、ウィルはCIAの幹部(コルム・ミーニイ)と会話。えっ、実は彼もまたCIAの捜査官だったというどんでん返しか、と思ったが、そうではなかったようだ。そのほうが、ウィルのタフさの説明になるし、父親がCIAであることを隠していたことに憤慨していたウィルが、実は自分もCIAだったという落ちの方が面白かったように思う。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

(2075) ほっぷすてっぷじゃんぷッ!

【監督】土岐洋介
【出演】天木じゅん、渡辺裕太、和久井雅子、水沢柚乃、佐藤聖羅
【制作】2018年、日本

岡田和人の漫画が原作のコメディ。カエルの能力を持った女子校の用務員と、天真爛漫な女子高生のドタバタを描く。

32歳で独身の鶴岡一途(渡辺裕太)は、女子校のしがない用務員。女子高生や国語教師の湯ノ浜唯(和久井雅子)らに蔑まれながら、女子高生のパンチラに妄想を膨らませていた。ある日、1年生の朝日村莢香(天木じゅん)が風紀委員を名乗り、活動を始める。一途は、莢香が服の中にカエルが入ったとパニックになっているところに遭遇。カエルを取ろうとして噛まれたことでカエルの能力を身につける。莢香は、女子トイレで喫煙する生徒の現場を押さえようと、女子トイレの用具入れに潜むが、彼女を気に入らないモモ(西谷麻糸呂)とイチゴ(園部琴子)は、莢香を閉じ込めてトイレの中で新聞紙を燃やす。煙に気づいた一途は、カエルの能力を使って壁をよじ登り、莢香を救出するが、能力がバレるのを恐れてその場から逃げる。莢香を助けた手柄は、エロ体育教師の酒田英雄(今奈良孝行)に取られてしまうが、莢香の親友、羽黒優菜(水沢柚乃)は、一途が何かを隠していると気づき始める。二人の会話を、何者かがカメラを持って覗き見しているのだった。

ドタバタの寸劇と、出演者達が水着姿や下着姿で一途を悩殺する一途の妄想シーンで構成されている作品。そのまま録音しました、みたいな音質だったりで安っぽさは拭えないが、需要層にはあまり関係ないのだろう。主役の天木じゅんは、身長が148cmしかないらしく、そのせいか体と顔の大きさのアンバランスさがちょっと気になった。ピンクのカエルや、壁を登るシーンは、CGの特撮が一応使われていたようだ。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

(2073) Fate/stay night [Heaven's Feel] I. presage flower

【監督】須藤友徳
【出演】杉山紀彰(声)、下屋則子(声)、川澄綾子(声)、植田佳奈(声)、諏訪部順一(声)
【制作】2017年、日本

PCゲームが原作のアニメ映画。三部作のうちの三部作めの第一章という位置づけ。

本作では、高校2年生、衛宮士郎(杉山紀彰)が怪我で弓道部を辞め、身の回りの世話を後輩の間桐桜(下屋則子)がするようになり、やがて町に不穏な空気が流れる。ここでいったんエンドロールが流れ、CMに入ったので、なんだか妙に短いな、と思ったら、続きがあった。テレビで観てたら気づかないぞ。このスタッフロールで、士郎がセイバー(川澄綾子)というサーバントと契約したことがダイジェストで示されるのだが、原作の情報でもなければ何のことか分からないというなかなか不親切な作り。その後、士郎は聖杯戦争という、魔術師同士の戦いについて教えられ、町を守るために参戦を決意。しかし、セイバーはアサシンとの戦いに敗れてしまう。アサシンは士郎に襲いかかるが、そこにサーバントのライダーが現れ、アサシンを退ける。負傷して帰宅した士郎を桜が出迎える。

Fateの原作を知らないと、よく分からない内容だった。戦争シーンの迫力はそこそこあるが、キャラの造形は、鼻の描き方が直線的というか好みが分かれるところ。
第二章までは録画されているから観るが、三部作全てを観ようとは、現時点では思えない。というか、ちょっと調べたら原作はエロゲなのかこれ。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

(2068) マンネリ

【監督】国沢実
【出演】佐々波綾、竹本泰志、美泉咲、野間清史、太田望
【制作】2017年、日本

マンネリ夫婦の家庭に若い女性が居候が割り込んできて巻き起こるドラマを描いたピンク映画。

喫茶店を営む卓也(竹本泰志)と美沙(美泉咲)の家に、美沙のめいの雅美(佐々波綾)が飛び込んでくる。彼氏と別れたという雅美は居候を決め込む。雅美は卓也と美沙の夫婦関係が冷え切っていることを知り、二人を鼓舞する。美沙はOL時代からの不倫相手、石田(野間清史)との腐れ縁が続いていたが、卓也との関係を取り戻し、別れを決断。落ち込んでいる石田を見かけた美沙は石田を励ますが、酔った石田を家に送ったときに石田に犯される。美沙が帰ってこないことを心配した美沙は石田の家で美沙を発見。卓也も現れ、石田を責めるが、美沙は石田にも帰る場所がある、と言って、別れた妻とよりを戻すよう促す。雅美も彼氏とよりを戻すのだった。

映像、音、芝居、ストーリー、どれを取ってもテレビドラマ以下の貧相な品質。何分かおきにエロシーンが流れるわけだが、大した内容でもなく、このジャンルの作品を心から好きだと思う人が世の中にどれだけいるのか、不思議である。出演者目当てで観るのだろうか。いやまあお前が観てるだろって話なんだけども。タレントや制作者の習作というか練習に付き合わされているようだった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

(2062) 劇場版 どうぶつの森

【監督】志村錠児
【出演】堀江由衣(声)、折笠富美子(声)、福圓美里(声)、小林ゆう(声)、緒方賢一(配布済)声)
【制作】2006年、日本

ゲームソフト「どうぶつの森」の劇場版。どうぶつ村に引っ越してきた人間の少女と動物たちとの友情を描いたアニメ作品。

人間の少女、あい(堀江由衣)がどうぶつ村に引っ越してくる。あいは、デザイナーを夢見るゾウの女の子サリー(折笠富美子)やネコのブーケ(福圓美里)らと仲よくなる。あいはビンに入った手紙を見つけ、手紙の指示通り、村に針葉樹を植える。クリスマスの日、UFOが飛んできて何かにぶつかり、落下する。そのUFOには、宇宙飛行士のかっこうをしたジョニー(高木渉)が乗っていて、落っことした部品の回収を依頼。あいの友達の男の子、ゆう(小林ゆう)が部品を見つけるが、それは本物の宇宙人だった。宇宙人は夜空に、あいの顔をした星座を描き、飛び去る。あいは、イルミネーションのコンテストに優勝し、仲間に祝福される。

ゲーム内のキャラが登場するのが楽しい、罪のない作品。歌の声がゲームと同じ、「おらは死んじまっただ」状態なのには笑った。14年前の作品がこのタイミングで放送されるのは、「あつまれ どうぶつの森」が2020年3月20日に発売されることに合わせたものだろう。

【5段階評価】3

| | コメント (0)

2020年4月30日 (木)

(2061) 007 ユア・アイズ・オンリー

【監督】ジョン・グレン
【出演】ロジャー・ムーア、キャロル・ブーケ、ジュリアン・グローバー、トポル
【制作】1981年、イギリス、アメリカ

スパイ映画、007シリーズ第12作。ミサイル誘導装置がソ連に渡るのを阻止しようとするイギリス諜報部員の活躍を描く。

ミサイル誘導装置を積んだイギリス軍の船が機雷によって沈没。イギリス諜報部員ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は、誘導装置を狙っている組織を追う。誘導装置探索に巻き込まれて両親を失った美女メリナ(キャロル・ブーケ)とともに事件を追うボンドは、密輸業者のミロス・コロンボ(トポル)を追うが、彼は黒幕ではなく、協力者だったはずのアリスト・クリスタトス(ジュリアン・グローバー)であることが判明。断崖絶壁の上に建つ隠れ家に潜入したボンドらはクリスタトスを倒し、誘導装置がソ連に渡ることを防ぐ。

敵がバイアスロン選手だったりアイスホッケー選手だったり、ボブスレーのコースで追いかけ合いをしたり、オリンピック種目を絡めた展開が独特。ただ、敵が除雪車に巻き込まれたり雪山や海中など、特殊な状況が多いのも特徴的。ロジャー・ムーアのボンドは、女の尻を追ってコミカル色が強い印象があるが、本作は比較的その傾向は薄めだった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

(2054) レゴニンジャゴー ザ・ムービー

【監督】チャーリー・ビーン、ポール・フィッシャー、ボブ・ローガン
【出演】デイブ・フランコ(声)、ジャスティン・セロー(声)、ジャッキー・チェン
【制作】2017年、アメリカ、デンマーク

レゴの世界で活躍する忍者の冒険を描いた3DCG作品。

ニンジャゴーの町に住む高校生ロイド(デイブ・フランコ/松井恵理子)は、町を襲う悪者、ガーマドン(ジャスティン・セロー/山寺宏一)を父親に持つことから同級生にいじめられていた。しかし彼の正体は、ガーマドンと戦う正義のヒーロー、ニンジャの一員だった。父親を倒すために禁断の最終兵器に手を出したロイドのせいで、町に巨大猫が現れる。町を救うため、ロイドは仲間とともに最終最終兵器を手に入れる旅に出る。師匠のウー先生(ジャッキー・チェン/一条和矢)はガーマドンの妨害によって吊り橋から落ちてしまい、ロイドたちはガーマドンとともに冒険を続ける。敵対していたガーマドンはロイドと親子の愛情を取り戻す。ところが最終最終兵器を手にしたガーマドンは、ニンジャゴーの町の征服を主張してロイドたちと別行動を取り、最終最終兵器で猫に立ち向かうが、逆に猫に食べられてしまう。ロイドは息子として猫に近寄り、ガーマドンに語りかけると、猫はガーマドンを吐き出す。二人は親子の絆を取り戻し、町に平和が訪れるのだった。

もともとはテレビアニメでもあった作品が映画化された訳だが、子ども受けを狙って徹底的にかっこよさを追求したわけでもなく、大人受けを狙ったようなギャグも出てくる(突然実写が混ざったり、実物の猫が町に現れたり)割には今ひとつ面白くなかったり、なんとも中途半端な作品だった。ニンジャの乗り物はかっこいいのだが、作品に登場するメカがレゴで売り出されている様子もない。
ただ、ジャッキー・チェン本人が出演しているのは嬉しい驚きだった。日本語吹き替えには、出川哲朗も参加している。本人をほのめかすような安っぽい登場はせず、役になりきっていたのはよかった。もっとも言われなきゃ分からないわけだが。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

(2052) ペット

【監督】クリス・ルノー、ヤーロー・チーニー
【出演】ルイ・C・K(声)、エリック・ストーンストリート(声)、ケビン・ハート(声)、ジェニー・スレイト(声)
【制作】2016年、アメリカ

飼い主とはぐれて下水道で暮らす動物たちと知り合った二匹の犬の冒険を描いた3DCGコメディ。

ケイティ(エリー・ケンパー/佐藤栞里)と暮らす小型犬のマックス(ルイ・C・K/設楽統)は仲よく暮らしていたが、ケイティが大きな茶色の犬デューク(エリック・ストーンストリート/日村勇紀)を連れてくる。二人はいがみ合った状態のまま、ケイティがいない間の散歩サービスに連れ出され、そこで仲間とはぐれてしまう。その結果、二匹は保健所職員に捕まってしまうが、下水道で暮らすウサギのスノーボール(ケビン・ハート/中尾隆聖)の一団に救出される。スノーボールはペットとしてではなく自由に暮らすことを信条としていたが、ケイティとマックスがペットであることを知り、二匹は追われる羽目になる。何とか逃げ延びた二匹だったが、デュークの元の飼い主に会いに行こうとしたところで、デュークがまたも保健所職員に捕まってしまう。仲間を捕らえられたスノーボールはマックスと協力し、大型バスで保健所の車を追跡。保健所の車はデュークが檻に入ったまま、橋の上から川に転落。マックスが川に潜って助けようとするが、檻の鍵が流されてしまう。そこにスノーボールが川に飛び込んで鍵をマックスに渡し、デュークの救出に成功する。マックスとデュークは無事にケイティのもとに戻り、スノーボールも人間の女の子に拾われ、あっさりとペットライフを楽しむようになるのだった。

3DCGアニメが当たり前となった時代の作品ではあるが、背景の動きや空気の揺らぎのような変化がなく、映画にしては、安い動画を見ているような感覚だった。3DCGアニメでも、けっこう目頭が熱くなるような感動作も結構ある中、本作はおしなべてくだらないギャグとコミカルな動きの詰め合わせで成り立っており、ハラハラドキドキ感の薄い作品だった。なお、本作はブログの趣旨からすると反則だが、自動録画ではなく、Amazon Primeで観た。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

(2050) デスペラード

【監督】ロバート・ロドリゲス
【出演】アントニオ・バンデラス、サルマ・ハエック、ジョアキム・デ・アルメイダ、スティーブ・ブシェミ
【制作】1995年、アメリカ

恋人を殺された男の復讐劇を描いたバイオレンスアクション。「エル・マリアッチ」の続編。

麻薬密売人のブチョ(ジョアキム・デ・アルメイダ)の一味に恋人を殺されたギタリスト、エル・マリアッチ(アントニオ・バンデラス)は、復讐のため、ブチョの一味と壮絶な殺し合いを始める。ブチョの息のかかった美女カロリーナ(サルマ・ハエック)と恋仲になったエルは、ブチョの屋敷に乗り込む。ブチョはエルの実兄だった。ブチョはカロリーナを殺そうとするが、エルはブチョを撃ち殺す。二人は車で町を出るのだった。

ギターケースにマシンガンやバズーカを仕込んだ仲間と敵に立ち向かうド派手な乱射戦が見所。派手なだけであまり中味のない作品。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

(2048) エレクトラ

【監督】ロブ・ボウマン
【出演】ジェニファー・ガーナー、キルステン・プラウト、ゴラン・ビシュニック、ウィル・ユン・リー、ボブ・サップ
【制作】2005年、アメリカ

女性の殺し屋の活躍を描いたヒーローアクションもの。「デアデビル」のスピンオフ。

伝説的な殺し屋のエレクトラ(ジェニファー・ガーナー)は、殺しの依頼を受け、湖畔の一軒家へ。その隣に住む13歳の少女アビー・ミラー(キルステン・プラウト)と、父親のマーク・ミラー(ゴラン・ビシュニック)と知り合いとなる。ところがエレクトラの殺害依頼の標的がその親子だった。エレクトラは実行をためらい、親子を連れて逃走。アビーは特殊な戦闘能力を持っており、悪の組織「ザ・ハンド」に狙われていた。少女でありながら超人的な力を持つアビーに、自分の過去を重ねたエレクトラは、ザ・ハンドの組織を死闘の末、壊滅させる。アビーに自分と同じ思いはさせないと考えるエレクトラだったが、エレクトラの師匠のスティック(テレンス・スタンプ)は、それはアビーの決めることだと語るのだった。

ザ・ハンドの五人衆のうち、入れ墨に描かれた鷹や狼、蛇などの動物を実体化させ、相手を襲うタトゥー(クリス・アッカーマン)と、毒の気を吐き相手を無力化するタイフォイド(ナターシャ・マルテ)はそこそこ楽しいのだが、残りは今ひとつだし、敵が弱い。銃弾や刀身を受け付けない鋼の体を持つストーンは、ボブ・サップが演じているが、倒れた木の下敷きになって死んでしまう。金属には無敵なのに木より弱いんかい。そしてアビーとマークに倒されるキンコウ(エディソン・T・リベイロ)に至っては、何が得意技かも分からないまま。ボスのキリギ(ウィル・ユン・リー)は、エレクトラも歯の立たない剣術と瞬間移動の達人だったのに、エレクトラとの一騎打ちのさなか、突然、瞬間移動の瞬間にエレクトラのサイ(ψの形の刀)の餌食となり、井戸に落とされて死ぬ。タトゥーとタイフォイドも、エレクトラのサイ一閃で死んでしまう。
序盤かったるく、中盤以降の戦闘シーンは楽しいものの主人公が突然無敵になって連続勝利して終わるので、アメコミヒーローものとして名作とは呼びがたい内容だった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧