評価2の映画

2024年4月23日 (火)

(2651) ロビンとマリアン

【監督】リチャード・レスター
【出演】ショーン・コネリー、オードリー・ヘップバーン、ニコル・ウィリアムソン、リチャード・ハリス
【制作】1976年、アメリカ

王の部下の身分から解放された男と修道女となった女の運命を描いた作品。

圧政を敷くリチャード獅子心王(リチャード・ハリス)に歯向かったかどで、相棒のリトル・ジョン(ニコル・ウィリアムソン)とともに死刑を待つ身となったロビン(ショーン・コネリー)だったが、自らの死期を悟った王は、旧友でもあったロビンを赦し、崩御する。王への従属から解放されたロビンとジョンは、古巣のシャーウッドの森に戻り、かつての仲間ウィル(デンホルム・エリオット)、タック(ロニー・バーカー)と再会。ロビンがかつて愛したマリアンが尼僧になったと聞き、ロビンは修道院に向かい、マリアンとの再会を喜ぶ。リチャード獅子心王の跡を継いだジョン王(イアン・ホルム)の指令により、ノッティンガム代官(ロバート・ショー)がマリアンを捕らえに来るが、ロビンはマリアンを連れて森に逃げ込む。マリアンは、戦いに身を投じて便りをよこさなかったロビンにそっけない態度をとっていたが、ロビンが連れ去られた他の修道女を命がけで救出し、彼のもとに悪性に苦しむ農民が集まってくる様を見て、彼が代官や王と戦うことを認める。
ノッティンガム軍がシャーウッドの森に進軍。彼らは森には入らず、平原に出てきたロビン軍を討つ作戦に出る。ロビンはノッティンガム代官に、一騎打ちによる決着を申し込む。長い戦いの末、ロビンは勝利するが、自身も重傷を負い、マリアンはロビンを修道院に連れていく。マリアンは薬を口にし、ロビンにも飲ませる。その薬は毒薬だった。ロビンはマリアンとともに逝く運命を受け入れ、「矢が落ちたところに俺たちを一緒に埋めてくれ」とジョンに頼み、矢を放つ。放たれた矢は空に消えていくのだった。

今どきこういう映画は作らないよなあ、と思える、退屈な昔話のような作品だった(退屈な昔話なんですけど)。オードリー・ヘップバーンが「暗くなるまで待って」以来9年ぶりの映画出演というのがせめてものトピックか。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2024年4月21日 (日)

(2649) 美しい星

【監督】吉田大八
【出演】リリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中島朋子、佐々木蔵之介
【制作】2017年、日本

自分が地球以外の惑星人だと悟った家族の運命を描いた作品。原作者は三島由紀夫。

お天気キャスターの大杉重一郎(リリー・フランキー)はある夜、車を運転中、強烈な光を浴び、気が付くと田舎の田んぼに車ごと突っ込んでいた。彼は自分が火星人だと悟り、番組内で地球温暖化の危機を視聴者に訴え始める。重一郎の息子の一雄(亀梨和也)は自分が水星人だと考えるようになり、娘の暁子(橋本愛)は自分が金星人だと悟る。一雄は国会議員の鷹森紀一郎(春田純一)の秘書の黒木(佐々木蔵之介)に導かれるように鷹森の秘書となる。鷹森は黒木の傀儡となって地球温暖化は長期的な気候変動の波に過ぎないと主張する。重一郎は鷹森に生放送中に食って掛かり、謝罪騒ぎとなる。謝罪コメントの収録中、重一郎はまたしても地球温暖化の危機を訴えはじめ、それをスタジオ内で見ていた黒木と論争になる。重一郎は自説が正しいことを証明するために空飛ぶ円盤を呼ぶと言って屋上に上がるが、血を吐いて倒れる。
地球人としての重一郎は末期がんだった。暁子はそのことを重一郎に伝える。重一郎の妻の伊余子(中島朋子)は、重一郎の願いを叶えるため、一雄と暁子とともに、重一郎を山奥に連れていく。重一郎はそこに現れた空飛ぶ円盤に乗り込む。空飛ぶ円盤は火星を目指していた。重一郎が窓から外を見ると、そこには地球人としての重一郎と、家族三人が空を見上げているのだった。

有名どころの俳優が出ており、重一郎がカメラの前で両腕を突き上げて奇妙なポーズを繰り返す姿には思わず笑ったりはしたのだが、意味不明な映画は好きではない。よってこの作品も好きにはなれなかった。結局、彼らが他の惑星人だと考えたのは妄想に過ぎなかったのか、事実だったのかは明かされない。金星人だと自称した竹宮(若葉竜也)は本当に金星人だったのか、それとも暁子に薬を盛って妊娠させた悪人なのかもわからないまま。こういうところはスッキリさせてほしかった。なお、原作では妻の伊余子は木星人を自覚するが、本作では「美しい水」のマルチ商法にひっかかる平凡な地球人という設定になっている。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2024年4月19日 (金)

(2647) ボロボロな人

【監督】だいたひかる
【出演】水野透、阿部智則、黒田アーサー
【制作】2007年、日本

企画に困ったテレビスタッフが、息子の家庭内暴力を題材にする姿を描いた作品。

テレビスタッフの吉田茂(水野透)は、やらせ取材が上司(黒田アーサー)にばれ、視聴率20%超えの企画を考えないと首にすると言われる。困った茂は、息子の守(阿部智則)が自分に家庭内暴力を働く姿を隠し撮りすることにする。怪我をしながら息子に暴力をふるわれる映像に上司は満足し、茂は第2弾を期待される。テレビ局を出ると、外にはBMWに乗った守が待っていた。実は家庭内暴力の映像は狂言で、茂が怪我をしているのは嘘だった。茂は守に感謝の言葉を述べ、第2弾への協力を頼むと言って肩を叩くと、守は茂の腹を力任せに殴り「任せとけって、くずやろう」と言い、茂を乗せて車を走らせるのだった。

30分という短い作品。やらせ取材をして首になりそうな男が、身を削る迫真映像を撮ったと見せかけて、それもやらせでした、という落ちを見せながら、息子は父親に協力的な素直な子だったと見せかけて、実は本当に父親を馬鹿にしている息子でした、という再どんでん返しが用意されていた。どうしてもPOISON GIRL BANDの阿部という姿がちらついた。ハンディカメラの映像の素人くささを、それを逆手に取った設定ではあるが、それでもやっぱり素人くさい作品だった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2024年4月 8日 (月)

(2636) 現代やくざ 与太者の掟

【監督】降旗康男
【出演】菅原文太、待田京介、山城新伍、若山富三郎、安部徹
【制作】1969年、日本

やくざの世界で生きる男の運命を描いた作品。

やくざに絡まれた女性(藤純子)を助けようとして傷害罪で服役していた勝又五郎(菅原文太)が出所。五郎は電車内でスリ(大辻伺郎(しろう))に有り金を掏られ、職員に捕まるが、荒尾組の福地鉄男(待田京介)が乗車賃を貸し、五郎を助ける。五郎が金を返しに福地を訪ねると、福地は組長の荒尾(安部徹)に鉄砲玉を命じられたところだった。五郎は勝手に福地に加勢。福地は五郎を気に入り、二人は兄弟分の関係となる。
五郎はの政(山城新伍)の率いるチンピラ集団に兄貴と慕われ、銀行でパクリ屋を成功させる。荒尾はパクった手形を横取りしようとし、福地は五郎をかばうが、荒尾に親子の盃と兄弟の盃とどちらが大事かと問われ、五郎と闘わざるを得なくなる。その場は荒尾の兄弟分の五代竜三(若山富三郎)が収めるが、荒尾はなおも五郎たちの手に入れた手形を取り上げようとする。福地は親子の盃に背くことはできず、五郎との戦いにわざと負けて仁義を通し、果てる。五代は荒尾組に乗り込み、荒尾に挑みかかるも何発も銃弾を浴び、絶命。五郎は単身で荒尾組に乗り込み、満身創痍になりながら荒尾を葬るのだった。

銃のある時代にドス一本で大勢のヤクザに向かっていくという、戦術の合理性が皆無の様式美だけの戦いが延々と繰り返される内容。つまらないかもなあと思いながら観てみたが想像以上につまらなかった。若く髪の豊かな石橋蓮司や小林稔侍が見られるのが数少ない見どころか。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2024年4月 7日 (日)

(2635) サヨナライツカ

【監督】イ・ジェハン
【出演】西島秀俊、中山美穂、石田ゆり子、マギー、加藤雅也
【制作】2010年、韓国

タイで出会った男女の恋を描いた作品。

弱小航空会社に勤める東垣内(ひがしがいとう)豊(西島秀俊)は、婚約者の尋末(たづすえ)光子(石田ゆり子)を日本に置いてタイに長期出張。同僚の木下(マギー)を通じて、真中沓子(まなかとうこ)(中山美穂)という女性と出会う。沓子は豊のホテルに突如現れて下着を脱ぎ、豊と肉体関係を結ぶ。豊は光子にばれないようにしながら沓子との関係に溺れていく。しかし、光子はタイにやってきて沓子に会い、戸惑う沓子に、豊の前から消えるよう告げる。沓子はニューヨークに飛び、豊は彼女を見送った後、嗚咽する。
25年後、副社長となった豊は再びタイに飛ぶ。宿泊予定のホテルに向かうと、VIP担当マネージャーとして現れたのは沓子だった。豊はずっと会いたかったと沓子を抱きしめる。しかし、沓子は病に侵されており、帰らぬ人となる。豊は、かつて沓子と乗ったメルセデスベンツ500Kロードスターを駆り、彼女への思いを振り払うように絶叫する。オフィスに戻った豊は、窓ガラスに映る沓子の幻影に、愛してると繰り返すのだった。

激しめの濡れ場があるものの、退屈で感情移入できない作品だった。色情狂の沓子と婚約者がいる豊の肉体関係が、いつの間にか純愛のようになっているのが理解しがたく、その時点でほとんど共感できないのだが、「まあ、沓子が病気という設定で不倫を正当化していないだけましかぁ」と思ったら、沓子が突然亡くなり、実は延命措置をしていました、という落ち。豊と沓子が惹かれ合う理由が描かれておらず、美男美女だから(要するに性欲目的)としか思えない。それを美談にしようとしたり、くっついたり離れたりを見せられたりしても、全く心が揺さぶられないのだった。
ちなみに本作はAmazonプライムで視聴した。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2024年4月 5日 (金)

(2633) いちご白書

【監督】スチュアート・ハグマン
【出演】ブルース・デイビソン、キム・ダービー、バッド・コート、ダニー・ゴールドマン、マーレイ・マクロード
【制作】1970年、アメリカ

学生運動に熱を上げる学生たちを描いた青春映画。

ボート部のサイモン(ブルース・デイビソン)は、ルームメイトのチャーリー(ダニー・ゴールドマン)が連れ込んだ女から学生運動の話を聞かされ、学長室を占拠中の学生たちの仲間に加わる。食料係になったサイモンは、チャーミングな女性リンダ(キム・ダービー)と食料を調達。リンダには彼氏がいたが、二人はやがて恋仲となる。
サイモンは黒人住民に公園を開放する運動をしていたにもかかわらず、リンダと公園に行くと有色人種の5人組に絡まれ、持っていたビデオカメラを踏み潰されてしまい、無力感を味わう。大学側は州兵を用いた実力行使で大学施設を占拠する学生の排除にかかる。体育館に集まった学生に催涙ガスがまかれ、学生たちは警棒を持った州兵に排除されていく。リンダが州兵から暴力を受けているのを見て、サイモンは州兵を押しのけ、リンダを取り囲む州兵に飛びかかるのだった。

学生運動への熱意を語る場面と、ボート部の練習やレコード店での買い物のような学生生活の日常が写実的に描かれている。当世を切り取った代表作とは言えるものの、内容自体は退屈だった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2024年3月29日 (金)

(2626) ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃

【監督】金子修介
【出演】新山千春、宇崎竜童、小林正寛、天本英世、佐野史郎、村井国夫、大和田伸也、南夏歩
【制作】2001年、日本

ゴジラ」シリーズ第25弾。日本に出現したゴジラと護国の怪獣との戦いを描いた作品。「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」の続作。

日本の防衛軍がゴジラを撃退してから50年。再びゴジラの出現の兆しが現れる。低俗BS番組の制作に関わる立花由里(新山千春)は、日本の国を護る護国の聖獣が目覚めていると考える。ゴジラが静岡県に上陸。すると、新潟県の地中からバラモンが現れ、ゴジラに戦いを挑むが、倒される。続いて鹿児島県の池田湖からモスラが飛び立ち、さらに富士の樹海から目覚めた三つ首のギドラもゴジラに立ち向かう。ゴジラの吐く光線により、モスラは光の粒子となって飛び散るが、それがギドラと合体し、羽の生えたキングギドラとなる。ゴジラはキングギドラも倒すが、由里の父親で軍人の立花泰三(宇崎竜童)が、潜水艇ごとゴジラの体内に入り込み、ドリル型ミサイルをゴジラに撃ち込む。ゴジラは熱線を吐こうとするが、そのまま消滅。由里は父親の帰還を喜ぶ。しかし、海底ではゴジラの心臓が不気味に鼓動を続けているのだった。

平成の特撮技術によって、映像に多少の迫力は出たものの、やはり町並みは模型だし、怪獣は着ぐるみだし、ヘリコプターはミニチュア。子供だましの作品だった。ただ、加瀬亮が漁師の息子役で出ていたり、山寺宏一がテレビ局プロデューサー役で出ていたり、温水洋一が旅館の宿泊客役で出ていたり、佐藤二朗が防衛軍の報告係役で出ていたり、ゲスト出演ではなく、ガチのちょい役で出演しているのが面白い。他にも篠原ともえやかとうかずこ、「ガメラ3 邪神覚醒」の前田愛が実妹の前田亜季とともにゲスト出演したりしており、知っている俳優を探す楽しみがあった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2024年3月26日 (火)

(2623) フラッシュ・ゴードン

【監督】マイク・ホッジス
【出演】サム・J・ジョーンズ、メロディ・アンダーソン、マックス・フォン・シドー、トポル、ティモシー・ダルトン
【制作】1980年、アメリカ

アメコミヒーローが題材のSF作品。悪の支配者と戦う人間の活躍を描いている。

宇宙人のミン皇帝(マックス・フォン・シドー)は、戯れに地球に災害を起こし、楽しんでいた。アメフト選手のフラッシュ・ゴードン(サム・J・ジョーンズ)は、旅行会社の美人社員デイル・アーデン(メロディ・アンダーソン)と飛行機に乗っているところ、飛行機が悪天候に巻き込まれ、地上に不時着。そこには、宇宙人襲来を予言する科学者ハンス・ザーコフ(トポル)がおり、三人はロケットでもみ合いになっているうちに、ロケットがミン皇帝のいるモンゴを目指して飛び立つ。
モンゴでは、ミン皇帝の悪政のもと、種族同士がいがみ合っていたが、フラッシュは友情を示してアルボリアの王、バリン(ティモシー・ダルトン)やホークマンの王、バルタン(ブライアン・ブレスド)らを味方に付け、ミン皇帝を倒す。バリンが新しい王となり、バルタンが将軍に任命され、モンゴに平和が訪れるのだった。

ロックバンド、クイーンの手がけたテーマ曲が有名。宇宙人が普通に英語を話したり、結婚という儀式があるのはともかく、曲が結婚行進曲だったりするという、とんでもSF映画。子供向け特撮映画のできばえだが、大量のホークマンが空を飛ぶシーンは、なんだか印象的。特撮のできはお世辞にもいいとは言えず、俳優のアクションもお粗末だが、いわゆる「迷画」の類いとして、一度観ておいてもいいだろう。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2024年3月21日 (木)

(2618) 四十四にして死屍死す

【監督】ホー・チェクティン
【出演】ウォン・ヤウナム、ジェニファー・ユー、テレサ・モー、ロナルド・チェン、イーダン・ルイ、ヨン・ワイルン
【制作】2023年、香港

マンションに突然現れた男性の全裸死体を巡る住民の騒動を描いたコメディ。

香港の高級マンションの14階の住民ミン(ウォン・ヤウナム)は、妻(ジェニファー・ユー)と娘のユイユイ、義母(テレサ・モー)、義兄(ヨン・ワイルン)と5人暮らし。ごみを捨てに外に出て戻ってくると、玄関ドアの前に男性の全裸死体がある。義母は自宅の価格暴落を恐れ、家族とともに死体を隣の家の前に運ぶ。隣家の老夫婦ボウロン(ラウ・コン)とベティ(ボニー・ウォン)も死体を移動させることにし、禁止されている犬を飼う女性も巻き込まれる。さらに同じ階のタクシー運転手(ロナルド・チェン)と息子(イーダン・ルイ)にも見つかり、みんなで死体を隠そうとするがうまくいかない。
翌日、若い女性(ハンナ・チャン)とフィアンセ(ジャー・ラウ)の結婚祝いの隙をぬって死体を外に運び出すことに成功。みんなで死体を土に埋めるが、実は埋められた男は15階の住民で、シャワー中にハチに胸をさされ、助けを求めてミンの家の前で仮死状態になっていたのだった。ユイユイが土の中の助けの声に気づき、男は掘り起こされるのだった。

劇場の芝居のようなセリフ回し。状況設定に現実味がないことも、お芝居感に拍車をかけた。香港の住宅事情を織り交ぜながら、住民らが家族愛に目覚めていくというメッセージはとってつけた感があり、コメディとしての面白さに欠け、メッセージ性も乏しかった。登場人物は中国語だが、頻繁に英語のセリフが混じるあたりは、さすが国際都市香港だった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2024年3月17日 (日)

(2614) X-ミッション

【監督】エリクソン・コア
【出演】ルーク・ブレイシー、エドガー・ラミレス、デルロイ・リンドー、レイ・ウィンストン、テリーサ・パーマー
【制作】2015年、アメリカ、中国

エクストリーム・スポーツの達人による犯罪を追うFBI捜査官の奮闘を描いた作品。

エクストリーム・スポーツの名手、ジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)は、親友のジェフ(マックス・シエリオット)を事故で失い、FBI捜査官に転じる。強奪したダイヤモンドや紙幣をばらまくという動機不明の犯罪が、エクストリーム・スポーツの達人集団によって行われる。ユタはホール指導官(デルロイ・リンドー)に、犯人は、オザキ・エイトという、八つの究極的なエクストリーム・スポーツに挑戦していると説明。犯行グループが10年に一度の大波が来るフランスのビアリッツに現れると読み、ベテラン捜査官のパパス(レイ・ウィンストン)と組んで現地に向かう。ユタはそこで、ボーディ(エドガー・ラミレス)というサーファーと大波に挑戦。ユタは波にのまれ、ボーディは波の制覇を諦めてユタを救助する。ユタは、ボーディの仲間のグロメ(マティアス・バレラ)やローチ(クレーメンス・シック)、チャウダー(トビアス・ザンテルマン)らと出会い、美しい女性サムサラ(テリーサ・パーマー)と知り合う。
ユタは彼らを犯罪集団とにらみ、行動を共にする。ユタは、オザキ・エイトに挑み、人間の得たものを自然に返そうとするボーディの確信犯的な行為をともにし、彼への共感を深める。しかし、運搬される大量の金を爆弾により鉱山に返すという行為にボーディらが手を染めようとしたとき、ついにユタはFBIだと名乗り、ボーディの行為を止めようとするが、ボーディは爆弾を起爆して逃走する。
ボーディは仲間と銀行強盗を企て、ボーディを追うユタは、ロープウェイに逃げ込んだ犯人を射殺するが、それはボーディではなくサムサラだった。ボーディは生き残ったグロメと、ベネズエラのエンジェルフォールという滝のロッククライミングに挑む。ユタはそれを追い、グロメは途中で落下。ボーディとユタは滝を登り切るが、ボーディはそのまま滝つぼに落下し、行方知れずとなる。
ユタは、ボーディが再び大波に挑むと予想。1年5か月後、果たして彼は大しけの海に現れる。ヘリでボーディを追ったユタは、ボーディと再会するが、ボーディの意志を尊重し、ヘリに戻る。ボーディは大波に挑み、海に飲まれていく。ユタはボーディの意志を継いで雪山のサーフボードに単身で挑むのだった。

Xスポーツの達人の犯行の謎を追うサスペンスかと思いきや、本当に犯人たちは自然を崇拝するだけの確信犯だった。映像の迫力はあるが、物語の魅力は乏しく、派手な映像だけで中身はスカスカの作品だった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧