2021年11月 5日 (金)

(2362) スター・トレック

【監督】ロバート・ワイズ
【出演】ウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、スティーブン・コリンズ
【制作】1979年、アメリカ

地球の危機を救う宇宙船の活躍を描いたSF作品。

高い攻撃力を持った巨大な星雲が地球に迫っていることが判明し、船長経験のあるカーク(ウィリアム・シャトナー)は、若いデッカー艦長を副官に降格させ、自ら船長となって宇宙船エンタープライズ号で捜査に乗り出す。カーク船長の指示のもと、エンタープライズ号はワープ航行に入るが、航路上の障害物に衝突する危機に見舞われる。デッカーはカーク船長の指示を拒否して自らの判断で危機を回避。カーク船長はデッカーが自分に張り合おうとしていると嘆くが、同僚のマッコイ(ディフォレスト・ケリー)は、張り合っているのはカークの方だとたしなめる。
エンタープライズ号にバルカン星人のスポックが搭乗。感情を捨て去ったスポックは、乗組員の歓迎をいなし、淡々と任務を全うする。やがてエンタープライズ号は謎の星雲に接近。エンタープライズ号は攻撃を受け、デッカーとかつて恋仲だったアイリーア(パーシス・カンバッタ)が捕らえられてしまう。彼女はアンドロイドとして再びエンタープライズに現れ、情報収集を開始。アンドロイドは人間を炭素体ユニットと呼び、自分を送り込んだのはビジャーで、自分を作り出したクリエイターを探しているのだと説明する。地球への攻撃開始を阻止するため、カーク船長はアンドロイドに、クリエイターの情報を提供するから攻撃をやめるよう交渉。カーク船長やデッカーらは、ビジャーのもとに向かう。そこには、地球がかつて宇宙に放った探査船ボイジャーがあった。ボイジャーが地球へのデータ送信を試みる過程で、クリエイターとの融合を求めるようになったのだった。アイリーアを失ったデッカーは、自らボイジャーと融合することを決心。カーク船長らはボイジャーに取り込まれるデッカーを見送ると、エンタープライズ号に戻るのだった。

スター・ウォーズ」と並び称される古典的SF作品の第1作。「スター・ウォーズ」に比べると、派手なアクションシーンは控えめで、本作も「機械に命はあるか」「機械と人間は融合できるのか」といった深遠な主題が描かれている。

【5段階評価】3

| | コメント (0)

2021年10月16日 (土)

(2361) オーバー・ザ・トップ

【監督】メナハム・ゴーラン
【出演】シルベスター・スタローン、デビッド・メンデンホール、スーザン・ブレイクリー、ロバート・ロッジア
【制作】1987年、アメリカ

アーム・レスリングの勝負に挑む男と、その息子の親子愛を描いた作品。

長距離トラック運転手のリンカーン・ホーク(シルベスター・スタローン)は、陸軍幼年学校を卒業した一人息子のマイケル・カトラー(デビッド・メンデンホール)を出迎える。リンカーンは、妻のクリスティーナ(スーザン・ブレイクリー)と別れていた。クリスティーナの父親のジェイソン・カトラー(ロバート・ロッジア)が、リンカーンを認めなかったためだった。しかしクリスティーナはリンカーンを信頼しており、温室育ちのマイケルの成長のため、リンカーンとともに過ごすことを望んだのだった。
マイケルは、肉中心の食事をし、レストランで賭けアーム・レスリングをする父親になじめなかったが、トラックの運転を任されたり、運転席で寝泊まりする生活にも慣れていく。さらには、父親に勇気づけられて自分より体格のいい少年に腕相撲で勝ち、父親との絆を深めていく。
二人は、闘病中のクリスティーナが入院している病院に到着するが、クリスティーナは容態が急変して亡くなってしまっていた。マイケルは、リンカーンが迎えに来たせいで母親に会えなかったとリンカーンを責め、祖父であるジェイソンのもとに引き取られる。リンカーンはマイケルの親権を諦め、単身、ラスベガスのアーム・レスリング大会に挑む。それを知ったマイケルは、祖父に内緒で家を抜け出し、ラスベガスに向かう。リンカーンは強敵を倒し続け、決勝を迎えると、応援に来た息子の前で、ライバルのブルー・ハリー(リック・ザムウォルト)を倒し、優勝する。リンカーンは、優勝賞品のトレーラー・トラクターにマイケルを乗せ、新たな道を進むのだった。

ひたむきな主人公が、悪役を倒して優勝し、親子の愛情を取り戻すという単純明快なストーリー。スポーツものに外れはないというものの、アーム・レスリングはルールが単純すぎて競技の中味で盛り上げるのが難しいため、一歩間違えばしらけた作品になってしまうが、脂の乗ったシルベスター・スタローンが朴訥な父親を好演し、心温まり、胸が熱くなる感動作に仕上がっていた。「ロッキー」、「ランボー」シリーズに次ぐ、シルベスター・スタローンの代表作の1つだろう。

【5段階評価】3

| | コメント (0)

2021年10月12日 (火)

(2360) 007 スペクター

【監督】サム・メンデス
【出演】ダニエル・クレイグ、レア・セドゥ、クリストフ・バルツ、レイフ・ファインズ
【制作】2015年、イギリス、アメリカ

スパイ映画、007シリーズ第24作。世界征服をもくろむ組織に立ち向かう諜報員の活躍を描く。

爆破テロを計画していたスキアラ(アレサンドロ・クレモナ)という悪者を倒したジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、派手な行動を理由に謹慎を言い渡される。ボンドがスキアラを追っていたのは、亡くなったM(ジュディ・デンチ)の指示によるものだった。スキアラの所属組織の黒幕を追うボンドは、関係者のミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)に会う。ホワイトは、自分の娘マドレーヌ・スワン(レア・セドゥ)に危害が及ぶことを危惧していた。ボンドはホワイトの娘を守ると約束し、鍵を握る娘の居場所を聞き出す。
マドレーヌから、組織の名前がスペクターであることを知らされたボンドは、北アフリカでボスのフランツ・オーベルハウザー(クリストフ・バルツ)と対面。彼はボンドの養父に育てられた、いわばボンドの兄だった。フランツは養父を殺し、自分も死んだことにして存在を隠していた。フランツはボンドを拘束し、小型ドリルを頭部に刺してマドレーヌの目の前でボンドを殺害しようとするが、ボンドは爆弾のついた腕時計をマドレーヌに託し、逃走に成功する。ボンドの所属するMI6を解体しようとしていたボンドの上司、C(アンドリュー・スコット)もフランツの一味だった。Cは世界の情報網を我が物にする計画を推し進めていたが、ボンドはM(レイフ・ファインズ)やQ(ベン・ウィショー)らと協力し、野望を阻止する。フランツは、半壊したMI6庁舎にマドレーヌを隠し、時限爆弾をしかけてヘリで逃走する。ボンドは爆破までの3分間にマドレーヌを見つけ、ボートでMI6庁舎から脱出すると、持っていた銃で、フランツの乗るヘリのエンジンを撃ち抜き、ヘリを不時着させる。フランツは負傷しながらもヘリから抜け出すが、そこにボンドが現れる。自分を撃てとすごむフランツを前に、ボンドは持っていた銃の弾を抜き取ると、そのままマドレーヌとともに立ち去る。
Qの前に戻ってきたボンドは、自分の愛車を受け取ると、マドレーヌを乗せて走り去るのだった。

アクションは見応えがあって楽しいのだが、クライマックスで、マドレーヌが時限爆弾をセットされたMI6の建物の中に隠され、ボンドが彼女を探し出し、脱出してフランツのヘリを撃つというくだりは、いくらなんでもご都合主義が過ぎた。マドレーヌを親切に建物の中に生かしたまま置いておくのも、見つけられるような場所に隠しているのも、3分という脱出が間に合っちゃう時間設定も、ボートで追いつかれて撃ち落とされちゃうのも、ボンドの大活躍というより、悪役のあまりの脇が甘さが際だつ展開になってしまった。

【5段階評価】4

| | コメント (0)

2021年9月27日 (月)

(2359) 殺人の追憶

【監督】ポン・ジュノ
【出演】ソン・ガンホ、キム・サンギョン、キム・レハ、ピョン・ヒボン
【制作】2003年、韓国

韓国で実際に起きた連続強姦殺人事件をモチーフにしたサスペンス作品。

韓国の田舎で、強姦殺害された女性が、用水路の中から発見される事件が発生。思い込みの激しい地元のパク刑事(ソン・ガンホ)と暴力的な取り調べをするチョ刑事(キム・レハ)のもとに、ソウルからソ刑事(キム・サンギョン)が応援にやってくる。パクとチョが、証拠をねつ造して容疑者に無理矢理自供させるというむちゃくちゃな捜査をする中、ソは雨の日に赤い服の女性が殺されているという共通点から、行方不明になっている女性が犠牲者になっていることを見抜き、遺体を発見する。事件の日に共通してラジオでかかる曲の存在が分かり、ソ刑事らは曲をリクエストしていたパク・ヒョンギュ(パク・ヘイル)を調べるが、ヒョンギュは不敵な笑みを浮かべ、尻尾を出さない。現場に残された精液のDNA鑑定を進めながら、ソ刑事はヒョンギュを見張るが、居眠りと乗っていた車のエンジン不調により、彼を見失ってしまう。その夜、またも事件が発生。犠牲者は中学生で、ソ刑事に、学校の噂話を教えてくれた少女だった。怒りに我を忘れたソ刑事は、ヒョンギュの家に乗り込み、彼を外に連れ出して殴る蹴るの暴行を加え、無理矢理自白させようとする。そこに、DNA鑑定結果の封筒を持ったパク刑事が駆け込んでくる。鑑定結果は、現場の精液とヒョンギュのDNAは一致しないというものだった。
事件は未解決のまま時が過ぎ、パクは刑事をやめて営業マンになっていた。遺体が発見された用水路の近くを通りかかったパクは、車を止めて、当時のように用水路の中をのぞき込む。そのとき、一人の少女がパクに話しかけてくる。少女は、つい最近、別の男が同じように用水路の中を見ていたと告げる。なぜ見ているのかと訪ねた少女に、男は「昔ね、自分がここでしたことを思い出して、久しぶりに来てみたんだよ」と答えたのだという。パクは犯人がまだ野放しになっていることを知るのだった。

稲穂に囲まれた少年が大アップになっているオープニングに始まり、作品全体がとても印象的。暗くジメジメした雰囲気の中、手がかりを見つけてはそれが手からすり抜けていくことを繰り返し、そのやるせなさが、冷静沈着だったソ刑事すら狂わせていく。見応えのあるサスペンスだった。
ただ、自分は実際の未解決事件(公開当時)をモチーフにした作品とは知らずに観たので、真犯人が明らかにならない結末は残念だった。

【5段階評価】4

| | コメント (0)

2021年9月26日 (日)

(2358) インターンシップ

【監督】ショーン・レビ
【出演】オーウェン・ウィルソン、ビンス・ボーン、アーシフ・マンドビ、ローズ・バーン
【制作】2013年、アメリカ

グーグルのインターンシップ生となった中年男性二人の奮闘を描いたコメディ作品。

営業の仕事を首になったニック・キャンベル(オーウェン・ウィルソン)とビリー・マクマホン(ビンス・ボーン)は、ビリーの発案でグーグル社のインターンシップに応募。大勢の優秀な学生に混じり、正社員を目指すチーム戦に挑む。チームは仲間はずれになった学生との寄せ集めで、次々と出される課題に苦戦。ニックとビリーを馬鹿にするグレアム(マックス・ミンゲラ)に差を付けられる。学生たちのコンプレックスを聞いたニックとビリーは、彼らを連れて夜の街に繰り出し、夜通し大騒ぎ。それを通じて、彼らがコンプレックスを乗り越える手助けをする。アプリ開発の課題で最優秀を獲得した彼らだったが、次のヘルプセンターの課題では、ビリーがログインをし忘れるという失態を犯し、チーム得点はゼロ。ビリーはチームメンバーに迷惑をかけていることを悔いてチームを去ってしまう。最終課題はグーグルに広告を出していない企業への営業。学生たちは地元のピザ店に営業に入るが、彼らのプレゼンは全くオーナーに響かない。ニックはビリーを説得してチームに連れ戻し、ビリートニックの話術でピザ店を説得。フランチャイズ店となりうる魅力的な店への営業が成功し、ニックとビリーのチームは大逆転勝利を収めるのだった。

失敗と挫折を繰り返し、嫌みなライバルに馬鹿にされながらも、最後に勝利をつかみ取るというよくあるサクセスストーリー。定番物なだけに普通に楽しめるが、アプリの開発(酔った人が正気を保てているか確認できるアプリ)やピザ店の営業獲得などは、アイディアの素晴らしさが伝わってこず、もう少し盛り上げてほしかった。この作品自体が、グーグルのステマのようでもあった。

【5段階評価】3

| | コメント (0)

2021年9月24日 (金)

(2357) ゴーストバスターズ

【監督】ポール・フェイグ
【出演】クリステン・ウィグ、メリッサ・マッカーシー、ケイト・マッキノン、レスリー・ジョーンズ、クリス・ヘムズワース
【制作】2016年、アメリカ

ニューヨークの幽霊を退治しようと奮闘する女性四人の活躍を描いた作品。「ゴーストバスターズ」のリブート。

ニューヨークの大学で物理学教師の終身雇用を目指していたエリン・ギルバート(クリステン・ウィグ)は、かつて超常現象の本を共著した仲間、アビー・イェーツ(メリッサ・マッカーシー)と、その同僚ジリアン・ホルツマン(ケイト・マッキノン)とともに、幽霊屋敷で幽霊に遭遇。そのときの動画が原因で大学教師を首になったエリンは、アビーとともに幽霊駆除会社を興す。地下鉄職員のパティ・トラン(レスリー・ジョーンズ)、イケメンだが頭の弱いケビン(クリス・ヘムズワース)を仲間に加え、幽霊駆除に奔走する。
ニューヨークの幽霊を活性化させ、世界を混乱させようと企むローワン・ノース(ニール・ケイシー)により、ニューヨークに幽霊が大量発生。エリンらはジリアンの開発した装置を駆使してゴースト退治に成功。彼女らの活躍に感謝したニューヨーク市は、彼女らに資金を提供。エリンたちは研究拠点を手に入れるのだった。

オリジナルに比べて特撮はパワーアップしているが、ストーリーにはあまりひねりがなかった。ケビンが音を防ぐのに耳ではなく目を塞ぐのが、何かの伏線(実は目で音を聞くお化けだったとか)なのかと思ったら、単に頭が悪いことを表現しているだけだった。
ゴーストバスターズ」に出演していたビル・マーレイやダン・エイクロイド、シガニー・ウィーバー、アーニー・ハドソンらがちょい役で出演しているのは、オリジナルを知っている人には楽しい趣向だった。

【5段階評価】3

| | コメント (0)

2021年8月29日 (日)

(2356) シャークネード6 ラスト・チェーンソー

【監督】アンソニー・C・フェランテ
【出演】アイアン・ジーリング、タラ・リード、カサンドラ・スケルボ、ジュダ・フリードランダー、ビビカ・A・フォックス
【制作】2018年、アメリカ

鮫を伴う巨大竜巻と、時空を超えて戦う男の活躍を描いた作品。「シャークネード5 ワールド・タイフーン」の続編。

本作では、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のように過去の世界に戻った主人公フィン・シェパード(アイアン・ジーリング)が、死んだはずの妻のエイプリル(タラ・リード)や、仲間のノバ(カサンドラ・スケルボ)、ブライアン(ジュダ・フリードランダー)らと再会。時代ごとに発生するシャークネードを倒しながら、現代の世界に戻っていく。フィンは仲間のスカイ(ビビカ・A・フォックス)とともに未来の世界に飛ばされ、サイボーグとなって時代を支配しているエイプリルと戦い、現代に戻る。そこには家族とともに海辺の家を経営する平和な生活が待っていたのだった。

バカバカしい設定の中で登場人物が真面目に鮫と戦う姿がユーモラスだった1作目に比べ、本作は、暴走が止まらなくなった制作者側の悪乗りに視聴者が付き合わされるという、見苦しい作品。クライマックスでは乱れた時空の中でフィンがサイボーグのエイプリルと戦うシュールな映像になるが、ほぼついて行けないので「そろそろ終わらないかな」という、駄作で感じる感情に支配された。
ただ不思議なことに、シリーズ全体としては、話のネタに一度は観ておいてよかったなと思えるのだった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2021年8月17日 (火)

(2355) シャークネード5 ワールド・タイフーン

【監督】アンソニー・C・フェランテ
【出演】アイアン・ジーリング、タラ・リード、ビリー・バラット、カサンドラ・スケルボ
【制作】2017年、アメリカ

世界中で発生する鮫を伴う巨大竜巻に立ち向かう人々を描いたパニック作品。「シャークネード ザ・フォース・アウェイクンズ」の続編。

フィン・シェパード(アイアン・ジーリング)とノバ(カサンドラ・スケルボ)は、鮫を伴う巨大竜巻、シャークネードに立ち向かう手がかりを得るため、ストーンヘンジで鮫のひれの形をした秘石を手に入れるが、それはシャークネードを呼び起こす力を持っていた。シャークネードは空間を超越し、世界各地で発生。フィンの息子ギル(ビリー・パラット)がシャークネードに巻き込まれ、責任を感じてシャークネードに立ち向かったノバは東京で命を落とす。フィンと妻のエイプリル(タラ・リード)はエジプトでシャークネードを停止させる装置を起動させるが、さらに巨大な嵐と津波が発生。サイボーグであるエイプリルは渾身の力で嵐を止めようとするが、ついに爆死してしまう。途方に暮れるフィンのもとに、一人の男(ドルフ・ラングレン)が現れる。彼は成長したギルだった。ギルはシャークネードをタイムマシンにすることに成功していたのだ。家族を救うため、ギルとフィンは過去へと旅立つのだった。

前作から名作映画のパロディ色が強くなってきたが、本作では「レイダース 失われた聖櫃」や「007」、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が露骨にパロディ化されている。これも前作からそうだったが、鮫の恐怖はもはや添え物で、巨大で訳の分からない自然現象に立ち向かうSF作品になっていて、鮫が竜巻で巻き上げられるというある程度理解可能な科学的状況から、何が起きているのか全く分からない内容になってしまった。

【5段階評価】2

| | コメント (0)

2021年8月16日 (月)

(2354) シャークネード ザ・フォース・アウェイクンズ

【監督】アンソニー・C・フェランテ
【出演】アイアン・ジーリング、タラ・リード、マシエラ・ルーシャ、デビッド・ハッセルホフ
【制作】2016年、アメリカ

アメリカ内陸部を襲う巨大トルネードと鮫との戦いを描いたテレビ映画。「シャークネード エクストリーム・ミッション」の続編。

シャークネードを無力化するシステムを開発したアストロX社の社長、アストン・レナルズ(トミー・デビッドソン)は、ラスベガスに鮫をテーマにしたホテルを建設。しかし、ラスベガスで巨大竜巻が発生。ホテルの鮫が巻き上げられ、シャークネードになる。シャークネードは砂を巻き上げたサンドネード、岩を巻き上げたボルダネード、油田の油を巻き上げたオイルネード、それに引火したファイアネード、発電所を巻き込んだライトニングネード、原子力発電所を巻き込んだニュークリアネードと姿を変え、大暴れする。フィン・シェパード(アイアン・ジーリング)は家族を救うため、姪のジェム(マシエラ・ルーシャ)や息子のマット(コディ・リンリー)らと奮闘する。
東海岸のシャークネードで死んだと思われていたフィンの妻、エイプリル(タラ・リード)は、父親のウィルフォード(ゲイリー・ビジー)によってサイボーグとして再生されていた。エイプリルはフィンらと合流し、息子のギル(クリストファー・ショーン、ニコラス・ショーン)を救出。ナイアガラの滝で量子箱を起動させてシャークネードを無力化する。安堵した一同のもとにエッフェル塔が飛んでくる。そこにはパリに渡っていたノバの影があるのだった。

西海岸、東海岸と来て、今回は中央アメリカ。オープニングの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」から「オズの魔法使」や「アイアンマン」、「ターミネーター」も入っていたようだが気づかなかった)、悪乗り感もあった。原発が破壊されてニュークリアネードになるという展開は、日本だと不謹慎だなんだと言われて謝罪沙汰になりそうだが、この辺りのエンタメへの寛容さはアメリカらしい。

【5段階評価】3

| | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

(2353) シャークネード エクストリーム・ミッション

【監督】アンソニー・C・フェランテ
【出演】アイアン・ジーリング、タラ・リード、キャシー・スケルボ、ライアン・ニューマン、フランキー・ムニッズ
【制作】2015年、アメリカ

アメリカ東海岸一帯を襲う巨大トルネードと鮫との戦いを描いたテレビ映画。「シャークネード カテゴリー2」の続編。

ワシントンD.C.に巨大シャークネード(鮫を巻き上げたトルネード)が発生。シャークネードは東海岸全体に広がっており、フィン・シェパード(アイアン・ジーリング)は、ユニバーサルスタジオを訪れている家族を守るため、ワシントンからユニバーサルスタジオのあるオーランドに向かう。途中、ロスの「シャークネード」でともに戦ったノバ(キャシー・スケルボ)と合流。シャークネードを無力化できる巨大な火柱を発生させるため、フィンはNASAに勤めていた父親ギルバート(デビッド・ハッセルホフ)に協力を仰ぐ。フィンはギルバート、妻のエイプリル(タラ・リード)とともにスペースシャトルに乗り込み、宇宙からの熱光線でシャークネードを消滅させる。ギルバートは宇宙服の燃料切れで地球に戻れなくなるが、エイプリルとフィンは宇宙に飛んできた巨大鮫の腹に入った状態で大気圏に突入し、地上に生還。鮫の中でエイプリルは身ごもっていた息子を産む。再会を喜ぶ家族だったが、空から落ちてきたスペースシャトルの破片がエイプリルに激突する直前で作品は終わる。

空から降ってくる鮫が宇宙に現れるというおバカ映像だが、流れは比較的無理がなく、意外と楽しめた。作品にはアメリカで活躍する芸能人などのカメオ出演が多く、アメリカ人はより楽しいのだろう。本作は自動録画で取りこぼしてしまったため、初めてAmazon Primeの有料版で視聴した。

【5段階評価】3

| | コメント (0)

«(2352) シャークネード カテゴリー2